« シカ狙った仲間の弾当たる、61歳軽傷(読売新聞) | トップページ | 首相や民団が外国人参政権で「推進大合唱」 原口総務相は慎重姿勢も(産経新聞) »

2010年1月 9日 (土)

「政治主導で官僚指示待ち」経産次官が懸念(読売新聞)

 5日に首相官邸で開かれた平野官房長官と各府省次官の会合で、経済産業省の望月晴文次官が、鳩山政権の掲げる「政治主導」の政策決定が官僚の士気低下につながっていると懸念を表明していたことがわかった。

 会合は非公開で行われ、平野長官が年頭の訓示を行った後、昼食を取りながら次官らが順番に各省の課題などを説明した。

 複数の出席者によると、望月次官は「旧政権では大臣から指示される前に自分たちなりに問題意識を持って取り組んだ。今でも同じようにやらないといけないが、政治主導が重くのしかかり、中堅・若手官僚が『指示待ち』になっている傾向がある」と指摘した。そのうえで、「国家公務員は国の資産だ。『指示待ち』が増えると不良資産になりかねない。そうならないように政治の力で食い止めてほしい」と要請した。

 さらに、官僚の天下り禁止方針に関し、「再就職できなくなると人事が停滞し、新人の採用を絞らざるを得なくなる。(公務員制度改革の)やり方によっては、士気が下がることを心配している」と語ったという。

プロレスファン集まれ
マイカレンダー
カードでお金
現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化

« シカ狙った仲間の弾当たる、61歳軽傷(読売新聞) | トップページ | 首相や民団が外国人参政権で「推進大合唱」 原口総務相は慎重姿勢も(産経新聞) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315667/32922352

この記事へのトラックバック一覧です: 「政治主導で官僚指示待ち」経産次官が懸念(読売新聞):

« シカ狙った仲間の弾当たる、61歳軽傷(読売新聞) | トップページ | 首相や民団が外国人参政権で「推進大合唱」 原口総務相は慎重姿勢も(産経新聞) »